顔が痩せる方法とは 一覧

顔痩せを目指すことに必要な方法

顔痩せというものはダイエットの中でも特に痩せたい場所かもしれませんね。なぜなら顔と言うところはすぐに分かる場所ですし顔が太っていれば太っている人だと思われますね。しかし、顔を痩せさせるにはどういったことが大事なのでしょうか?顔が痩せる成分と言うものもありますね。顔と言うものが骨格の程度こそあれ結局は脂肪分なんですよね…。ですから脂肪分を燃やすことがまずは大事なことになります。

そういった所はダイエットの基本中の基本ですし顔痩せに限らず痩せることへの近道です。まずは脂肪分を燃やせる成分ですが、アミノ酸が有効だと思われます。アミノ酸というと昔、ちょっと数年前の話ですがかなりのブームになったことがありました。アミノ酸には必須アミノ酸と有効アミノ酸という種類に大きく分かれています。必須アミノ酸は生活していくことで必要になってくるもので、ダイエットがなんだという話以上に生命にかかわっていることなので必要なのです。しかし中には体内で合成することが出来ずに食物をとることでしか摂取できないものも多くありますね。20種類以上のアミノ酸があり、そのどれもが必要な働きをしていることで大変に役に立つ成分ばかりです。

その中でもたとえば「リシン」というものがあるのですがこれは米を食べることで摂取できます。食物を食べることでしか摂取できない大切なものですから、それ以上に得るのが体内で生成できるものより難しいと言うことになりますがこのリシンの場合はちょっと違いますね。米と言うものは日本人であれば特に注意しなくても自然と食べているものですし、特に心配ありません。必要なのはその他の成分なんですよね。とくに顔痩せに、つまり脂肪分を燃やす効果が高いのは「グルタミン」ですね。この成分は他に比べて飛び抜けて資質を燃やすことに向いているのでオススメです。つまりどんどんダイエット効果によって痩せていけば自然と顔痩せできてるということです。


小顔エクササイズであなたも小顔に

小顔を目指している女性の方も少なくはないと思いますが、有名人の方たちって、顔がすごく小さいという人もたくさんいたりしますし、かなり羨ましいですよね?誰もが憧れるくらい魅力的な小顔になりたいという女性も多いはずです。

しかし、なかなか小顔になれるようないい方法が見つけられない女性もいっっぱいいるでしょう。小顔を目指すには小顔エクササイズがオススメだと思います。小顔エクササイズってどんなことをするのかわからない方もいるかもしれませんが、小顔エクササイズは顔をマッサージをしたり、専用のローラーなどを使い小顔になれるように矯正していくのです。

やはり、どうしても小顔になりたい女性も多いと思いますし、ちょっとでも顔が小さくなれるように、あなたも小顔を目指しエクササイズに励んでみませんか?非常にオススメできますし、とっても簡単な方法によってエクササイズすることができます。自宅で一日わずか数分くらいでもいいので、あなたも専用のローラーや器具を購入し、小顔になれるようにいいマッサージをしてみてください。

そうすることで、十分小顔になれるチャンスがありますし、毎日やっていれば、もしかするとそのうち小顔になっているかもしれません。すぐには難しいのですが、何事もやり続けることが大切ですし、あなたも小顔を目指していきましょう。小顔エクササイズによって、これまでにたくさんの女性たちが可顔になることに成功しているので、誰でも簡単に小顔になれる可能性もあるのです。

もし、本当に小顔になってみたいという女性でしたら、一度エクササイズをしてみてもいいのではないでしょうか。自宅などでも簡単にできますし、一日たった数分なので、どなたにでも気軽にすることができます。やり方も単純ですし、今日からあなたも小顔を目指し、エクササイズに励んでいきませんか?

かなりオススメな方法ですし、誰にでもできる簡単な方法なのですぐにできます。ぜひ、あなたも小顔を目指してください。


顔痩せのために実践してきたこと

昔から顔の肉が付きやすくて、そのことにすごく悩んでいました。学生時代は、小中高と運動部に所属し、体育の成績も常に5でした。運動神経、筋肉量ともに申し分ない、さながらアスリート体型なのですが、こと顔に目を向けると、プロスポーツ選手に見られるようなシャープさが全くないのです。これが本当にコンプレックスで、体が引き締まっている分、ものすごいギャップ感があって、なんだかチグハグです。
そこで、顔痩せをするために実践してきたことがあります。その方法に出会ったのは、とあるテレビ番組を見た時のことで、その番組内で、有名な歌手の方が顔痩せ方法として紹介されていたです。さて、その具体的な方法ですが、入浴中にスーパーの買い物袋を頭からかぶるというものです。それを聞いた瞬間、テレビに出演される方は本当にすごい努力をされているんだなと、感銘を受けると同時に私もやってみたいと強く思ったのです。
早速その日のうちに、やってみたのですが、かなりの荒業であることに気づきます。まず、そのまま買い物袋をかぶってしまうと息ができないため、必ず事前に針で50か所ほどの穴をあけておく必要があります。また、万が一に備えてすぐ横にペットボトルの水を用意して置き、すぐに水分補給できる手はずを整えておきます。そうしないと、本当に脱水症状に陥ってしまう可能性があるので、この準備は必須です。熱いお湯につかった状態で、買い物袋をかぶっているため、袋の中は熱気でムンムン。まさに簡易的な顔専用のサウナ室であり、これには大きな効果が見込めそうな気がします。
とまあ、その日から毎日のように、繰り返していったところコンプレックスだったぽっちゃりした顔が徐々に引き締まったフェイスラインへと変化していきました。肉体と顔とのバランスが整い、ものすごく見た目の印象が変わりました。顔痩せにはいろんな方法があるとは思いますが、この、顔専用サウナ室はかなり有効だと思いますよ。ただし行う場合、健康にはくれぐれも気を付けてください。


第一印象を良くするために顔痩せにチャレンジ

私たちの人付き合いに重要なのは第一印象です。始めて会った時に相手にどのような印象を抱かせたかでその後の関係が変わってくるともいえます。イメージ的に太ってだらしないように感じさせるのではなく、少しでも良い印象を与えたいと思うなら、まずは目につきやすい顔をなんとかしてみましょう。顔痩せにチャレンジして、すっきりした顔を目指しましょう。

通常のダイエットをしても、なかなか顔痩せにはつながらないものです。顔がやせて見えてくるのは一番最後なので、なかなか実感として痩せた感じにならないという事が多いです。そのため、単純にダイエットをするのではなく、顔を引き締めるという事を意識した生活をしてみましょう。
顔の筋肉を良く使うようにすると、顔が引き締まってくることがあります。

例えば日常生活の中で、食べ物を食べるときにしっかり噛むようにしてみるなどという事も効果があるでしょう。噛み合わせの悪さが顔のたるみにつながることもあるので、そういった場合は歯科的な治療も考えておくとよいでしょう。歯の治療を行うことでフェイスラインがすっきりしてくるという事もあります。こうした方向からも顔痩せを考えていくのが良いでしょう。

また、普段なかなか動かさない筋肉を動かしてみるという事も大切です。表情をあまり変えない人ほど、動かすことを心がけてみましょう。大きな口をあけてアイウエオと声をだしてみるだけでも、いつもと動かし方が違うことを感じるでしょう。発声だけではなく、笑顔を作って緩めてみたり、口角を持ち上げてみたり、エクササイズ方法は様々です。ちょっとした時間でも取り組むことが出来るので、継続して行ってみましょう。表情も出しやすくなるので、顔痩せだけではなく、魅力的な表情作りにも役立ちます。

こうしたちょっとしたことに気を付けることで、より魅力的な顔になることが出来ます。第一印象を良くするならこうしたことを心がけていきましょう。


顔痩せのみという部分痩せは基本的には難しい

モデルさんや女優さん、皆さんとてもきれいですよね。
顔の作りがきれいなのは当然ですが、輪郭がきゅっと引き締まっていて小顔です。
なのでますますパーツが引き立ってきれいに見えるというわけです。
それって逆を返せば同じ顔でも小顔の方が可愛く見えるってことではないでしょうか。
たとえばテレビなどのダイエット特集で、すごく太っていた人が痩せたらとても可愛い顔だったっていうのがよくあるではないですか。
ということは顔痩せができたら今より2割増しくらいで良く見えるかな・・・なんて考えたことがあります。

私ははっきり言ってしまうと頭、顔が大きいのでそれがコンプレックスです。
身長もあるので、まあ何とか全身のバランスで見ると耐えられるかな・・・と自分で自分を慰めてきましたが。
やはり小顔になりたい、顔痩せしたいという思いはずっとあります。
ですが、顔痩せのみ、いわゆる部分痩せというのは基本的にはできないです。
結局、顔の肉を落とせば顔は小さく見えるのですが、そのためには全身の脂肪を全体的に落とさないと無理です。

少々のむくみなどマッサージで顔痩せの効果は得られるかもしれませんが、印象をかなり変えるにはダイエットしかありません。
ですが、有酸素運動などで脂肪を上手く燃焼させれば顔痩せって可能なんです。
マラソンランナーの人を見てください。
全体的に体脂肪がないのでガリガリに見えますよね。
顔もしゅっと引き締まっています。

まあそこまで体脂肪を落とす必要は通常の生活をしている私たちには必要ありませんが、小顔にするならば有酸素運動は取り入れるべきです。
私はダイエットをした時によくほっぺたの肉をつまんでいました。
顔の肉がつまめるということはまだ落とせる体脂肪があるという目安になるからです。
確かに最初はたくさんお肉がつまめましたが、痩せ始めるとだんだんつまめる部分が少なくなっていきます。
いろんな人に「顔が細くなった」とよく言われたものです。
ですから、全身の体脂肪を落とす努力をすれば顔痩せは絶対できます。


口のまわりの筋肉を鍛えることで顔痩せできる

顔痩せしたいと思う時ってどういう時でしょうか。鏡を見て顔が太ってきたと感じたときや、もともと顔が大きくて、そういう自分が嫌になったときでしょうか。顔がむくんでいるときも、顔痩せしたいと思いますよね。顔がむくんでいると、かなり不健康な印象があります。また、不満が溜まっているときなんかも、顔がむくみやすいそうです。顔でその人の心の内がばれてしまうので、気をつけたいところです。

さて、肝心の顔痩せについてですが、どのような方法があるでしょう。まず、運動です。当然ですね。運動している方で顔が太っている方はいませんからね。運動すれば、顔の肉を落とすことができるでしょう。運動といっても、ジョギングやエアロビクスなどの有酸素運動がおすすめです。

また、ペットボトルを使った方法もありますね。一時期テレビなどでよく見かけました。方法は、ペットボトルの口をくわえて吸い込み、ペットボトルをへこませるというものです。口のまわりの筋肉が鍛えられて痩せることができるそうですが、ペットボトルをくわえて吸っている姿って、なるべく人に見られたくないですよね。ペットボトルって、へこむときにけっこうな大きい音が出ますから、近所迷惑にならないようにしたいところです。ですから、ペットボトルを吸う方法をやるときは、なるべく1人で、周りの迷惑にならないようにしましょう。

また、顔痩せのために作られた口にくわえる器具なんかも売られています。音も出ませんし、何かをしながらでもできますのでおすすめです。ですが、口が半開きになりますので、よだれが出やすいそうです。そう考えますと、お風呂に入っているときにするのが良さそうです。
また、これは健康的ではないのでおすすめできませんが、病気になったときも顔痩せします。特に下痢になったあとは、若干げっそりしています。この方法はおすすめできませんので、これくらいにしておきます。
一番良いのは、良く笑って口の周りの筋肉を使うことですね。


小顔エクササイズを続けたら意外と効果がありました

私の顔の大きさといったら母譲りで、一般的に売られているほとんどの帽子が顔が大きすぎるあまりにまったく似合わないというレベルです。帽子が入らないわけではない、でもぜんっぜん似合わないというのがポイントで、おまけに私は割と帽子と言うものが好きなんですよね。かわいい帽子を見つけてつい買ってしまっては、あまりの違和感にクローゼットの奥に仕舞い込むということをこれまでの人生で何度かやってしまっています。

でもまあ、顔の大きさというより頭の大きさはもうどうしようもないですよね。頭蓋骨を削るわけにも坊主にするわけにもいきませんから。でも、顔自体の大きさ、つまり顎や輪郭をシャープにして小顔に見せることはどうにかできるんじゃないかと思い立ったことがあるんです。何となく顔が小さく見えれば、いくら頭が大きかろうが帽子とのバランスもとれるのではないかと。

そこで当時学生だった私が始めたのが小顔エクササイズでした。一口に小顔エクササイズといっても色々なものがあると思いますが、私が行っていたのはいわゆる舌回しというやつです。口の中で歯列をなぞるように舌をまわすことで顔の筋肉を鍛えるエクササイズですね。小顔エクササイズとしてはよく聞くものだと思います。最初の方は半信半疑ながらも、朝と夜に左回しと右回しを25回ずつ、一日で100回は舌回しをしていました。そうしたら意外や意外、本当に輪郭線がシャープになっていったんです。

効果がはっきりした方がやる気が出るからと思い、始める前とそれから2週間ごとに写真を撮っていましたが、並べてみると明らかに輪郭がしゅっとしていきました。おまけにほうれい線も目立たなくなって顔自体が引き締まった感じになったんですよね。これは大成功だと当時いろいろな人にこの小顔エクササイズを勧めまくりました。しかしそうやって努力の結果、小顔になれたのにも関わらず、相変わらず可愛い帽子はまったく似合うようにはなりませんでしたね……。


顔痩せって本当にできるの?

顔痩せは若い女性の間で人気のようですが、お腹だけ、足だけといった部分痩せは科学的にはできないということになっているので、顔だけ痩せることができるとは思えません。だけど、ぷっくりした頬を持っているとか、丸顔だとか顔が大きいことに悩んでいる人には、とにかく少しでも顔を小さくしたいという切実な望みがあるのでしょう。

顔痩せする方法としては、スリミングとか表情筋を鍛えるとかマッサージなどでしょうか。あまりに熱心になりすぎて力を入れすぎると、肌トラブルを起こしそうです。皮膚のためには摩擦はあまりよくないことなのです。若いからといって強くこすりすぎるのは厳禁ですが、それよりも顔の肉の方が気になるのでしょうね。

少しでも顔痩せしたいなら、固いものをしっかり噛む習慣をつけるほうがいいかもしれません。口をぽかんと開いている人の顔は、どこか締りのないものになっています。口周りの筋肉を鍛え、「小さい」より「締まった」顔を目指すほうが現実的だと思います。歯科医の先生が考案した体操や、口周りの筋肉を鍛えるグッズもあります。唇がしっかり締まらないと歯も出てしまうそうです。唇を鍛えることは矯正歯科でも指導していますので大事です。

丸顔や頬に肉がついていると今悩んでいる人は、おそらく年を取ってから年齢が顔に表れにくいという利点があると思います。彫の深い外国人を見ていると、シワなど加齢が如実に顔に表れます。顔に肉がついていると、そうした面で衰えにくいはずなのですが、何十年も先のことを考えて「これでよかった」と思える人はまずいないでしょうから、せっせと顔痩せに励むことになるのですね。

若い女性が少しでも小さな顔にしようと努力している姿は、少々ずれていようと可愛く見えるものです。本人は必死なのでしょうが、若いときはそうなるものです。大人になるにつれ、また、別にことで頭がいっぱいになるにつれて、顔の大きさなんかどうでもよくなりますが、そうなったら年を取ったという証拠かもしれません。


マッサージするだけでもかなりの顔痩せ効果あり

当たり前かも知れませんが、顔痩せで一番効果があるのがダイエットだと思います。ただそんなに直ぐには効果が表れないのも事実でしょう。少なくとも数週間はかかるのではないでしょうか。ではそれまでの間はどうすべきなのかという話になるはずです。ここで検討して欲しいのが化粧の仕方を工夫するという方法です。

人の視覚というのはありのまま見えているようで実は錯覚による部分が大きいのです。その人の顔の形などによって実際の大きさ以上に見えているという事も普通にありえます。これは逆に考えますとメイクの仕方次第で小顔に見せることができるという事なんですね。その様な方法に関して解説している美容サイトなどもありますので、間に合わせの意味でもそちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかしやはり顔痩せの王道はメイクではないでしょう。それそのものを小さくする事が究極的な目標となるはずです。やり易いのはやはりマッサージです。頬の部分を両手でぐっと上に持ち上げるようにするというのを繰り返すのです。これをすることによって皮膚のたるみを防ぐことが出来ますので、顔が小さく見えるようになるのです。

この顔痩せマッサージをする際には専用のクリームを使うことをオススメします。どうしてかというと上に持ち上げる時に摩擦が起きますので、これの影響で炎症が発生してしまう事があるのです。いくら顔が小さくなっても顔が赤くなってしまっては意味がありません。摩擦を減らしつつ上に持ち上げるという効果を維持するためにクリームは必須なのです。自分の肌に合ったものを使わないと良くないので、何種類か試してみて判断してください。他の人が良いと言っていたものが必ずしもあなたにも適しているかは分らないのです。

顔痩せは順調に進んでいくと頬骨が浮き出てきますので、そこまで行ったらひとまず成功したと言えると思います。これ以上に関しては、体重を減らすなどの方法が必要となりますので、これまでとは違うアプローチをしていくことになるでしょう。


顔痩せにきくエクササイズはじめてみた

最近、やたらと机の前で作業ばかりしていて、向き合うものといえばパソコンばかりです。そんな生活なので他人と口をきいて会話をする機会がぐっと減りました。別に会話が好きなわけではないので苦にはなりません。むしろ会話なんか得意でもなんでもないので省略したいくらいですね。

ただ気になっているのは顔の筋肉を使っていないので、顔のたるみが起こるのではないかということです。
顔痩せにきくマッサージやエクササイズをネットで検索してみました。いろいろありますが、どれも結構簡単で続けやすそうなのがいいですね。

作業のあいまに時々20分くらいの休憩をはさむようにしているので、休憩時間やすきま時間を使ってやっています。エクササイズで別に劇的に顔が痩せるとか小顔になるとかいうわけでもないです。本当の顔痩せのためには地道な継続が必要でしょうね。

でも顔の筋肉を使ってエクササイズをするのもいいものです。意外と気持ちいいんですよ。いままでは肩こり防止のエクササイズとか腰痛防止の体操をやっていましたが、最近になって顔痩せエクササイズも追加になりました。エクササイズといっても、「あ」とか「う」とか発声するとか口内で舌をくるくる回すとかその程度ですね。確かに誰でもできて楽ちんです。

この舌をぐるぐる回すという動作がけっこういいみたいで、どのサイトやまとめ記事をみていても紹介されていました。実際やってみたところ、唾液の分泌はたしかに増えますね。この唾液分泌が口臭予防にもなるらしいですね。そんなに顎が痛いとかいうこともなく、ただひたすら舌を回して歯をなぞるように動かすだけです。やっている最中に回数がわからなくなりそうですけどね。

顔の筋肉もずっと固定してるとよくないんでしょうね。他人と無駄にぐだぐだ会話するよりも楽かもしれないですよ。こんな程度のエクササイズでも続けていて顔痩せできたらいいですよね。気分転換もかねて、がんばって続けてみましょう。


1 2 3 4