基本的に部分痩せは難しいです

顔痩せしていると実際の体型よりも細く見えるというメリットがあります。
実際顔写真だけでは小顔なのかどうかもわかりませんよね。
引き締まったフェイスラインかどうかで何となくイメージを掴む感じになります。
たとえばいくら実際に会って小顔でも、写真でたるんだフェイスラインですと細いとは気がつかれにくいです。
なので顔痩せしているということはとても得なことです。
ですが、部分痩せというのは難しいものです。

たとえば胸だけは大きいまま体は細くなりたいと思っても、ダイエットをしていればいくらかは胸の脂肪だって減ります。
なので、顔痩せしたいと思うのならば顔のマッサージだけでなく全身の体脂肪を落とすのが効果的です。
どうかすると、顔から一番に痩せる人もいます。
ですが、顔のみ痩せるのは無理でやはり全体的に少しずつお肉を絞っていくと顔も細くなるという手順はあると思います。
かつてダイエットをした時に、ごはんの量を控えめにしつつ運動を取り入れたところ、体のむくみ、余分な水分が抜けて体重が少しだけ軽くなりました。

その際まだ太ってはいるのですが顔つきがほっそりしたと周りから気づいてもらえたのです。
ですから、顔痩せするにはまず食生活を改めて余分な塩分を排出すること、むくみをとることが大切だと思います。
運動を続けていくうちに体重の変化はそうなくても見た目の変化は起きてきます。

体脂肪率が低くなるということは体脂肪が少なくなり筋肉が増えるということですから、顔のお肉も当然減ります。わかりやすいお腹や背中の肉だけでなく、指やほっぺたなどお肉は減りますし、頭や靴のサイズすら変わる人もいます。
つまり顔痩せしたいと思うのならば、全身の体脂肪を落とす正しいダイエットをすればいいだけのことなのです。
顔の骨格は変わりませんが、お肉がついているかシャープなフェイスラインかだけで見た目の印象がぐんと変わります。
実際小顔ですが二重顎の人と、顔は大きめだけどすっきりしたフェイスラインの人と並んでいたらどちらが痩せて見えるかは一目