小顔エクササイズを続けたら意外と効果がありました

私の顔の大きさといったら母譲りで、一般的に売られているほとんどの帽子が顔が大きすぎるあまりにまったく似合わないというレベルです。帽子が入らないわけではない、でもぜんっぜん似合わないというのがポイントで、おまけに私は割と帽子と言うものが好きなんですよね。かわいい帽子を見つけてつい買ってしまっては、あまりの違和感にクローゼットの奥に仕舞い込むということをこれまでの人生で何度かやってしまっています。

でもまあ、顔の大きさというより頭の大きさはもうどうしようもないですよね。頭蓋骨を削るわけにも坊主にするわけにもいきませんから。でも、顔自体の大きさ、つまり顎や輪郭をシャープにして小顔に見せることはどうにかできるんじゃないかと思い立ったことがあるんです。何となく顔が小さく見えれば、いくら頭が大きかろうが帽子とのバランスもとれるのではないかと。

そこで当時学生だった私が始めたのが小顔エクササイズでした。一口に小顔エクササイズといっても色々なものがあると思いますが、私が行っていたのはいわゆる舌回しというやつです。口の中で歯列をなぞるように舌をまわすことで顔の筋肉を鍛えるエクササイズですね。小顔エクササイズとしてはよく聞くものだと思います。最初の方は半信半疑ながらも、朝と夜に左回しと右回しを25回ずつ、一日で100回は舌回しをしていました。そうしたら意外や意外、本当に輪郭線がシャープになっていったんです。

効果がはっきりした方がやる気が出るからと思い、始める前とそれから2週間ごとに写真を撮っていましたが、並べてみると明らかに輪郭がしゅっとしていきました。おまけにほうれい線も目立たなくなって顔自体が引き締まった感じになったんですよね。これは大成功だと当時いろいろな人にこの小顔エクササイズを勧めまくりました。しかしそうやって努力の結果、小顔になれたのにも関わらず、相変わらず可愛い帽子はまったく似合うようにはなりませんでしたね……。