口のまわりの筋肉を鍛えることで顔痩せできる

顔痩せしたいと思う時ってどういう時でしょうか。鏡を見て顔が太ってきたと感じたときや、もともと顔が大きくて、そういう自分が嫌になったときでしょうか。顔がむくんでいるときも、顔痩せしたいと思いますよね。顔がむくんでいると、かなり不健康な印象があります。また、不満が溜まっているときなんかも、顔がむくみやすいそうです。顔でその人の心の内がばれてしまうので、気をつけたいところです。

さて、肝心の顔痩せについてですが、どのような方法があるでしょう。まず、運動です。当然ですね。運動している方で顔が太っている方はいませんからね。運動すれば、顔の肉を落とすことができるでしょう。運動といっても、ジョギングやエアロビクスなどの有酸素運動がおすすめです。

また、ペットボトルを使った方法もありますね。一時期テレビなどでよく見かけました。方法は、ペットボトルの口をくわえて吸い込み、ペットボトルをへこませるというものです。口のまわりの筋肉が鍛えられて痩せることができるそうですが、ペットボトルをくわえて吸っている姿って、なるべく人に見られたくないですよね。ペットボトルって、へこむときにけっこうな大きい音が出ますから、近所迷惑にならないようにしたいところです。ですから、ペットボトルを吸う方法をやるときは、なるべく1人で、周りの迷惑にならないようにしましょう。

また、顔痩せのために作られた口にくわえる器具なんかも売られています。音も出ませんし、何かをしながらでもできますのでおすすめです。ですが、口が半開きになりますので、よだれが出やすいそうです。そう考えますと、お風呂に入っているときにするのが良さそうです。
また、これは健康的ではないのでおすすめできませんが、病気になったときも顔痩せします。特に下痢になったあとは、若干げっそりしています。この方法はおすすめできませんので、これくらいにしておきます。
一番良いのは、良く笑って口の周りの筋肉を使うことですね。